2016年01月11日

援助職のためのハーブ&アロマテラピー講座 第5回

Aroma & Herb
 
 昨年、クリスマスも近い12月23日に、「ハーブとアロマの講座」が行われました。もう、何回か参加している人もいて、最初から、「今日はハーブとアロマでリラックスするぞ〜」というような雰囲気がありました。年末はただでさえ、疲れがたまる時期なので、皆さん同じような心持だったのかもしれません。

 最初は、アロマの講座で、アーモンドオイルを使ったマッサージオイル作り。「今日、いいなーと思う香りを見つけて下さい」という説明があり、最初に9種類の香りを楽しみました。フランキンセンスの香り、ゼラニウムの香りは皆さんの間で好評でした。今回は、冷え、乾燥をやわらげる精油がそろっていました。お肌をしっとりさせるフランキンセンス、肌のバランスを整えるクラリセージ、むくみを解消させるサイプレスやジュニパーなど、皆それぞれ今の自分には何が必要かしら?と考えながらマッサージオイルを作りました。
 また、普段は気軽には購入できないジャスミン、ネロリなどの精油が入ったブレンドオイルを、リーフ型のチップにしみこませたおみやげも作りました。

 ハーブティーの講座では、クリスマスハーブティーを作って試飲しました。ドイツのグリューワインをイメージして、先生が考案したハーブティーです。グリューワインというのは、赤ワインに、オレンジ、りんご、シナモンスティック、クローブ、砂糖、カルダモン、オールスパイス、バニラエッセンスなどをいれたホットワインだそうです。
 ハーブティーでは、クリスマス色の「赤」を楽しむことができるハイビスカスを入れて、ローズヒップ、カモミールなどを加え、香りのスパイスとして、カルダモン、クローブ、シナモンを少しずついれました。最後にオレンジピール、ゆずなどの柑橘系を加えると、まさにグリューワインそのものの風味が楽しめました。これにはちみつなどを加えると、さらにおいしく飲みやすくなりました。
 おみやげに色々なブレンドのハーブティーをいただきました。アメリカやイギリスのブランドのハーブティーで、パッケージがとてもかわいらしいので、皆で「かわいい!」「いい香り!」などの声が上がりました。持ち帰ったハーブティーは、家でも楽しんで飲んでいます。

 心に余裕がないと、ハーブティーをいれたり、アロマオイルでのセルフケアがしづらい、と思いがちですが、だからこそハーブティーをのんだり、良い香りのオイルでマッサージしてみることで、心の余裕を作っていきたいな、と感じました。

Aroma-Herb5_.jpg
ハーブティー講師 村田 幸子 オリジナル
『グリューワイン風 クリスマスハーブティー』
約2杯分 300cc
3分以上蒸らすとコクが出ておすすめです
◆ハイビスカス、ローズヒップ
…ティースプーン各1杯
◆クローブ 3粒
◆カルダモン5個
◆シナモン3p程度
◆お好みでハチミツやジンジャーシロップなど
※ジャーマンカモミールを加えてもOKです。
posted by MSCOスタッフ at 22:40| オフィスの活動

2015年05月24日

援助職のためのハーブ&アロマテラピー講座 第4回

Aroma & Herb

 新しいオフィスで「援助職のためのセルフケア ハーブとアロマの講座」がありました。
 前半は、アロマ講座で、「香りのバスソルト作り」でした。好きな香りの精油を選び、バスソルトに垂らして混ぜます。それをお風呂にいれたり、バケツにお湯をはり、足湯、手浴にも使えるのです。
 また、ホホバオイルをいれて、お風呂のときに、ひじ、かかとをマッサージするときにも使えるとのこと。皆、それぞれ好きな香りを選んでいました。

マージョラム

 今回人気だったのは、マージョラムという精油で、やわらかい森林系の香りを気に入ったという声もありました。またマージョラムの効能として、不安、ストレスの影響を緩和させたり、注意を集中させるときにもいいと言われているそうです。そして血液の流れもよくする働きがあるということで、お風呂にはぴったり。このマージョラムにグレープフルーツオイルをブレンドして、さわやか、かつリラックスできる香りをブレンドしている人もいて、他の人がブレンドした香りを香ってみるのも楽しみでした。香りのブレンドは一緒でも、滴数が違うと香りの趣が異なることも発見でした。

 後半は、ハーブティー講座でした。これまで3回受けてきて、17種類のハーブティーの特徴、味などを体験してきたのですが、今回は、それをふまえてブレンドをしてみる、というわくわくする体験でした。それぞれのハーブの効能の復習をしながら、自分で好きなハーブを3〜5種類選んでブレンドして、他のメンバーにも試飲してもらいました。胃腸によいと言われるカモミールが人気でした。私は、飲みやすいといわれているラズベリーリーフを主体にしてブレンドしました。
 ブレンドのこつとして、ペパーミントをいれるとのみやすくなったり、はちみつをいれるとさらにのみやすくなるようです。それぞれ今日の体調や気分でブレンドをしていました。1種類だと飲みにくかったハーブが、何種類かブレンドすることで、各段に飲みやすくなるのは驚きでした。
先生が、「毎日飲み続けるといいのですよ」とおっしゃって、各自気に入ったブレンドをティーパックにつめて1週間分お持ち帰りしていい、という嬉しいお土産がありました。
 よい香りに包まれ、おいしいお茶をのみながら、講座の時間そのものがリラックスの時間となりました。
posted by MSCOスタッフ at 22:51| オフィスの活動

2014年05月06日

援助職のためのハーブ&アロマテラピー講座 第2回

Aroma & Herb

〜女性の特有の困りごとへのセルフケア〜
○アロマテラピー
 女性にとって、生理前、また更年期など、気分や体調が不安定になるときに、女性のホルモンバランス、気分のバランスを整えるような精油を使って、香りのローション(化粧水)を作りました。

 女性のホルモンバランスを整えるクラリセージ、ゼラニウムの精油、気分のイライラ、落ち込みなどを改善し、幸福感、女性らしい気持ちをアップさせるフランキンセンスの精油などを使い、ベースにローズウォーター、オレンジフラワーウォーターを用いて各自、好きな香り、今の自分に必要な効能のある精油を使ってローションを作成しました。

 大人気だったのは、ローズウォーターをベースに、ゼラニウム、フランキンセンスの組み合わでした。フローラル系の香りで、幸せな気分になるような香りで、しかもお肌にとっても潤いを与え、しわ防止にも力を発揮してくれるブレンドです。参加者は、出来上がったローションをご自分でつけてみて、「いい香りだわ〜」とうっとりしたり、参加者同士で、お互いのローションを香ってみて、「全然香りのタイプが違いますね」など香りを堪能していました。
Aroma-Herb2_.jpg

○ハーブティー講座
 ハーブは、自律神経に働きかけたり、内分泌系に働きかけるなど、メディカルハーブの知識を教えていただきました。女性の月経痛、更年期の症状に働きかける5種のハーブの葉を見て香りを確かめたり、ハーブティーを試飲し、感想を参加者でシェアしました。

 月経痛を和らげるラズベリーリーフは、日本茶のようで飲みやすく、参加者に人気でした。更年期の症状などに効果的なセージ、アンジェリカ、ローズは、苦み、しぶみなどありましたが、他のハーブとブレンドして飲みやすくする工夫も教えてもらえました。

 また、「チンキ」と言って、ウォッカにハーブをつけこんで、それを数滴水などに薄めてのむ、という方法もあって、実際チェストベリーというハーブのチンキを水に薄めたものをいただきました。最後は、飲みやすいブレンドのお茶の紹介や、好きなハーブティーのお持ち帰りもでき、楽しんで選びました。

 新年度が始まり、様々な変化で疲れもたまりやすい時期は、ホルモンバランスや、自律神経のバランスも崩しやすくなるので、今回学んだことを参考に、体調を整えていきたいです。

※次回開催は「南新宿カウンセリングオフィスHP」でご案内いたします。

posted by MSCOスタッフ at 17:21| オフィスの活動

2013年12月10日

援助職のためのハーブティー&アロマテラピー講座 第1回

Aroma & Herb

 アロマテラピー、ハーブティの講師を招いて、「援助職のためのセルフケア ハーブティー&アロマテラピー講座」を行いました。オフィスのスタッフも参加し、普段とは違うアプローチのメンタルケアの体験をしました。

○アロマテラピー講座
 まずは、数種類のオイルの香りを試しながら、そのオイルが、心に対して、肌に対してもつ特徴を知りました。そして、好きなオイルをブレンドして、マッサージオイルを作成。今回、人気のオイルは、「フランキンセンス」。気持ちをなごませる香りで、肌を活性化させる特徴のものでした。

 そして各自がブレンドしたオイルでハンドマッサージを行いました。すべりがよいので、肌にすーっとなじみ、またやわらかな香りにつつまれながらのマッサージに、最初はなんとなく緊張感のあった空気もなごやかになりました。自分が作ったオイルは、お持ち帰りができるので、家でも毎日使っています。
アロマオイルとハーブティ

○ハーブティー講座
 5種類のハーブティーの作用を知り、試飲しました。ハーブティーの香りと味をそれぞれ自分なりに言葉にしていくことで、じっくりお茶を味わえたように思います。「小豆っぽいね〜」とか、「すーっとするね」など皆思い思いの言葉で表現していました。
 関心が集まったのは、リラクゼーションや眠りに良い「カモミール」。皆、試飲しながら、「眠くなってきた〜」と、かなりゆるんだ雰囲気になりました。
最後に「ペパーミント」を飲み、ちゃんと帰れるようにすっきりと目をさましました。
お土産に、ブレンドのハーブティーなどをいただき、自宅でも楽しみました。

 アロマオイルもハーブティーも、体の不調や困っている症状などに用いると、それがやわらぐという特徴があるので、それぞれが自分に合うものを探そうというところに関心が集まっていたように思います。
 日頃、仕事で疲れていても、なかなかリラックスできるような時間を持ちづらいというのが現実です。せっかく、アロマやハーブを使いセルフケアができる知識を得たので、積極的に取り入れてみようと思いました。

※今後もこの講座は開催する予定です。次回開催が決まりましたら「南新宿カウンセリングオフィスHP」でご案内いたします。
posted by MSCOスタッフ at 23:04| オフィスの活動