2013年07月21日

不登校と安全感

居場所

 小中高等学校にスクールカウンセラーが配置されるようになって20年近く経ちます。本格的に導入されたのは、ここ10数年のことでしょうか。臨床心理士といえばスクールカウンセラーを思い浮かべる方も多いと思います。

 スクールカウンセラーが配置されるようになった背景には、学校における不登校児童生徒の増加がありました。学齢期の子どもをお持ちの方々の中には、自分の子どももいつか何かのきっかけで不登校になるのではないか、と不安を感じている方もいらっしゃることと思います。

 「不登校」とひとくちに言っても、ひとりひとりの子どもが抱える問題は多様です。不登校はひとつの現象に過ぎず、こういう問題を抱えた子どもが不登校になる、と一概に言うことはできません。また、私たちは、還元主義的なものの見方に慣れているせいか、何か問題が起きるとその原因を突き止めてはっきりさせたくなるものですが、不登校の原因は複雑に絡み合っており、特定できるものでもありません。

 私たちカウンセラーは、それぞれの子どもたちが抱える問題を複雑に絡み合った糸をほぐすように理解し、援助していくわけですが、そういう作業を繰り返す中で、原因は特定できなくても、不登校になっている子どもたち全員に共通している心理状態が見えてきます。それは、‘安全感が持てない状態にある’ということです。

 「自分の居場所がある」「自分の居場所がない」というフレーズが、あちこちで聞かれるようになって久しいですが、その‘自分の居場所がある’と感じられることが、まさに安全感が持てている状態なのだろうと思います。
 「ここが自分の居場所だ」と思う時、私たちは皆、その場に受け入れられている感覚を持っているものです。それは、ありのままの自分でいて良いのだ、と感じているということです。不登校になっている子どもたちは皆、自分には居場所がないと感じています。「学校に居場所がない」と感じているだけでなく、多くは「どこにも居場所がない」と感じています。

 学校で安全感が得られなくても、家庭で安心感、安全感が得られている子どもは不登校になりにくく、また、なったとしても、それを乗り越えて成長していくものです。子どもに、親にとって都合の良い子であることを求めてはいませんか。学校の成績が悪くても、親のいうことをきかなくても、悪さをしても、「これが我が子なのだ。何があっても絶対に見捨てない」という強い覚悟が子どもに安心感、安全感を与え、心の居場所を作るのです。
posted by MSCOスタッフ at 23:59| 心理エッセイ