2013年04月12日

日々の気分転換の工夫

ビールと風呂

 みなさんは、日々のストレスとうまく付き合うために、あれこれ気分転換をされていることと思います。ただ、ストレスがたまってくると、気分転換がしにくくなるときはありませんか。
 よく、ストレスに負けないように趣味を持つとよい、と聞きますが、趣味があまりない人が、趣味を持つというのは、案外大変なようです。そして、趣味にも色々種類があって、「旅行に行く」とか、「ゴルフに行く」、「楽器を弾く」など、時間やエネルギーを要するものもあります。そして、ストレスがたまってきた状態では、エネルギーを使う趣味はかえって疲れてしまうときもあります。そんなときは、どういう工夫が必要なのでしょう。

 ある研修会で、気分転換の方法を30個書き出してみる、というワークがありました。なるべく細かく書く、というのがコツでした。
 例えば、「仕事から帰ったら、冷えたビールを取り出す瞬間を楽しむ」とか、「好きな入浴剤をいれてお風呂に入るのが至福のひととき」などです。
このような方法だと、ちょっとした時間に楽しめて、日々の生活の中に取り入れやすいかもしれません。

 他にも、『「疲れた〜!」と声に出して言ってみる』とか、「自分に、『「お疲れ様、今日も頑張った」と言ってあげる』など、お金もかからず、しかも日々取り入れたら、少し元気になれそうな方法をあげている人もいました。一見、ささやかな気分転換の方法なのですが、日々意識的に取り入れてあげることで、ストレスがたまりすぎてしまうことの予防にもなるでしょう。

 また、自分だけの気分転換の方法を日頃から沢山見つけて書き出しておいて、自分の「気分転換リスト」を目につくところに貼っておくと、ストレスがたまりすぎて、気分転換の方法さえも思いつかなくなったときに、「リスト」を見ることで、取り入れることができます。そういうときこそ、ちょっとしたささやかな気分転換の方法が、エネルギーもそれほど使わないで効果的です。

 日々のストレスをなるべくためこまずに、こまめに気分転換していきたいものですね。
posted by MSCOスタッフ at 00:45| セルフメンタルケアのコツ