2011年03月24日

こころのケア 〜リラクセーションのためのヒント〜

ムラサキシキブ

 とても現実に起こると思っていなかったような大変な震災を経験し、多くの方が心身ともに不安と緊張を抱えながら、日常を取り戻そうとなさっているのではないでしょうか。

 直接の被災体験、その後の様々な現実問題や喪失の体験、それらにともなう間接的なストレス。また、日々報道されるショッキングな現実にさらされる痛み、継続的な生活ストレス等、私たちのこころは実に多岐にわたるダメージを被ることが想定されます。
私たちはそれらのことに対処するために、『こころのケア』が必要になります。

 兵庫県こころのケアセンターがサイトで公開している【サイコロジカル・ファーストエイド 実施の手引き】をみると、心理専門職に限定しない、とても具体的なこころのケアの手引きがあります。
 主に被災地での支援者に向けた内容ですが、間接的な被災や被災後の回復へむけて、家族や友人がお互いにケアをしたり、セルフケアをしていくのに役立つ部分も多くあります。当事者へ配布するための【付録】ページもあります。

 ここでは、【付録】から、『リラクセーションのためのヒント』を抜粋し添付します。
 今回のような、心身が無意識に緊張状態にならざるを得ない日々が続く中では、意識的に心身を緩める時間が、日々の活動を安定させるためにも大切なことといえます。どうぞ、取り入れてみて下さい。
 また、このブログの『カウンセリング・キーワード』にある「ストローク」も、周囲の人と支え合うコミュニケーション作りに役立つように思います。

リラクセーションのためのヒント
兵庫県こころのケアセンター提供 【サイコロジカル・ファーストエイド実施の手引き付録E】より抜粋

サイコロジカル・ファーストエイド実施の手引き
兵庫県こころのケアセンター提供
posted by MSCOスタッフ at 00:29| セルフメンタルケアのコツ