2009年02月19日

人間関係は、パーソナリティ家族の訪問者?

家族

 今回は、誰もが悩む“人間関係”についてお話しします。
 このブログでは、メンタルヘルスにまつわるテーマを、メタファーを活用しながら、いつもと異なる視点で捉えなおします。

 心の健康のためには自己理解がかかせません。そのアプローチは、いうなれば小説を読むような心持ちです。
 ・・・状況や人物を細やかに観察し、展開や特徴に注意を向けて、イマジネーションをふくらませ、最初には関わりの見えなかった物事や人物の関連や相互関係を理解する、そしてその世界全体、そこで起きていることが見通せてくる・・・。

 つまり、まず『自己理解しようとする自分=読者』が『自分の心=小説の世界』を注意深く観察します。
つぎにそこに見え隠れする雰囲気、自分のいつもの立ち居地、定番になっている考え方などをキャッチして、そこから掘り下げて自分の心のクセやパターンを発見する、といったステップです。

 エゴグラムという心理テストでは、私たちの心の中には、老若男女誰にでも“父親的部分・母親的部分・大人の部分・自由な子供の部分・順応する子供の部分”があると捉えています。いわば、私たちの心の中に、まるごとひとつのファミリーが暮らしているようなイメージです。
 キャラクターイメージを膨らませるなら、厳しく正しいお父さん・優しく世話好きのお母さん・サクッと大人な長男・気遣い上手の長女・自由奔放な末っ子、といった5人家族です。この家族が主人公となる小説は、どんな物語になりますか?
 その物語をあれこれ想像してみるのも、いつもと違う発見ができそうです。
 さて、誰かが“私”というファミリーの家に訪ねてきました。ファミリーのみんなはそれぞれどんな応対をしてますか?

お父さんが、玄関で仁王立ちして相手の出方をみてる?
お母さんが、ともかく部屋にあげて、お茶を勧めてる?
長男くんが、訪問の目的を聞いて、用事をすませようと対処してる?
長女さんが、あれこれ気働きして機嫌をとってる?
末っ子くんが、好奇心と気まぐれでちょっかいだしてる?
何人かで応対してるとしたら、どんな組み合わせ?


 “私”の中の5人のファミリーは、もともとは心の“機能”ですから、大きな特徴は人の心の共通項目になります。でも、この5人は、ファミリーごとに出番や役割分担、お互いの関係などは、本当にさまざまで、大きく異なります。注意深く観察していくと、現実の家族のような複雑さが見て取れると思います。
 では、“私”のファミリーは、誰が出てきて応対するのか?どんな風に迎え入れるのか?それは、状況や訪問者に合ったものになっているのか?

たとえば、こんな例はどうでしょうか。

 “私”は昔ながらのメーカーに勤務していて、そこでは社長のポリシーに共感している力強い男性社員がグイグイ仕事をすすめています。そんな中で、細やかな気遣いで、自分の仕事かどうかは気にせずに上司や同僚をサポートする“私”は信頼され、かわいがられてもいます。
 ある時、関連会社に出向することになりました。そこでは皆、日々の業界の情報や経済ニュースにアンテナをはり、それぞれが自分の仕事を任せられています。
 “私”は、上司や同僚と良い人間関係を作ろうと、上司や同僚の仕事をサポートしようとしました。その都度“ありがとう”と言ってくれますが、それ以上の関係になれず、業界情報やニュースの雑談もしません。信頼もされていないのか、皆のように仕事を任せてもらうこともありません。次第に、自分の居場所がなくなってしまったような気さえします。

 こんな風に、“私”のファミリーが普段取る、うまくいっている対応であっても、“訪問者”やその意向、状況によって、ズレた意味となってしまうことがあります。
 このような状況は、カウンセリングの場面でよく耳にします。自分の中の当たり前になっているパターンを観察し、把握すると、新しい状況に適した自分の中の“家族の一員”に応対させることができると、意外なほどすんなりと新しい関係を築けることもあるようです。もちろん、そのお手伝いが、カウンセリングです。

初出:株式会社ピースマインド カウンセラーコラム

posted by MSCOスタッフ at 11:45| パーソナリティ分析