2019年06月06日

ストレスを感じたら… すぐにでも取り組める4つの方法

stress4.jpg

 現代はストレスの多い社会と言われます。家族との関係や、職場の上司や同僚との人間関係、長時間労働、育児と仕事の両立、学業問題など、私たちは日々さまざまなストレスにさらされています。簡単に問題が解決しないことも多いでしょう。そのような時は、ストレスに対処するコツを身につけると良いでしょう。ストレスを軽くすることができると、今抱えている問題にも落ち着いて柔軟に対処することが可能になります。今回は、ストレス緩和の4つの方法を整理してご紹介します。

1.質の良い睡眠、バランスのとれた食生活、適度な運動など、基本的な生活のスタイルを見直してみる
 起床・就寝時間を守り、寝床は寝る時だけ使用するようにしてみると、自然と質の良い睡眠がとれるようになります。
 また、簡単なものでも、栄養バランスを考えながら自分で食事を準備して3食きちんと摂るように心がけてみましょう。
 適度な運動も有効です。スクワットや散歩など、汗をじわっとかく程度の運動が役に立ちます。汗をかくと、体内の疲労物質(ストレス)を外に排出することができ、頭がすっきりして、物事を前向きに考えやすくなります。

2.エネルギーをチャージする
 自分の好きなことは何でしょうか?何をしている時、最もわくわくするでしょうか?あるいは楽しいと感じるでしょうか?
 友達と会って話をすると元気が出る人、美味しい食べ物を食べると幸せを感じる人、バラエティ番組を観て大笑いするのが好きな人、ライブでの一体感を味わうのが好きな… 人によって活力が湧いてくる瞬間はさまざまですが、自分にとってエネルギーが湧いてくる活動を見つけることが大切です。
 素の自分は何が好きなのかを知るために、子どもの頃自然とやっていたことを思い出してみるのも良いでしょう。

3.リラックスできることを試してみる
 心にたまったストレスを外に出すために、ストレッチやヨガ、熱いお風呂に入るなど、筋肉をほぐし血液の循環を良くする活動を行うと良いでしょう。自然の中に入って、景色を眺めながら新鮮な空気を吸ってみることなどもお勧めです。心地よくリラックスできる活動は、今抱えている問題から距離を置くことを促してくれます。

4.人に話してみる
何か問題を抱えている場合、同じ問題を共有している人に思い切って話してみるのも一つの方法です。自分だけが悩んでいると思っていたら実は他の人も同じように考えていた。
 そんなことは珍しいことではありません。そこで一気に孤独感が和らいでストレスが緩和することもあるでしょう。一人で抱え込まず、人に話してみましょう。

 以上、ストレスを和らげる方法をいくつかご紹介させていただきました。これらの方法は、日常的に取り入れることで、ストレスを緩和して問題に取り組みやすくしてくれるだけでなく、うつ病などの重大な疾患にかかることを未然に防いでくれます。
 日常に追われふと気づくとストレスと疲労感でいっぱいだった。そんな時に、ぜひ一歩立ち止まってご自身をケアする方法を試してみてください。
タグ:ストレス
posted by MSCOスタッフ at 02:22| セルフメンタルケアのコツ