2018年11月01日

「相手に自分を投影させる」という現象について

piano.jpg

 恩田陸『蜜蜂と遠雷』という本を最近読みました。これは、世界各国の若者たちが競う国際的なピアノコンクールの何日間かの物語です。主人公は主に3人います。母の死をきっかけにステージを去った元天才少女、天才少女の幼馴染で、少女に見出されその後海外で才能を開花させた青年、そして父親の仕事で海外を渡り歩きながら、ピアノも持たずに、でも天性の耳の良さで有名なピアノ教授に人知れず育てられた少年。その他、彼女を支える友人、サラリーマンとして働きながら最後の夢としてコンクールに出た青年、コンクールの審査員などがからみながら、物語は展開していきます。

 この中で、父親の仕事で海外を渡り歩いた天性の耳の良さをもつ少年が、物語の核となっているのですが、この彼が、表舞台にいきなり出てきて、その独特の経歴から、これまでの常識を覆すようなピアノ演奏の世界を繰り広げ、聴く人々に畏怖や激しい感情の波を起こさせて、その人たちの成長や決断に影響を与えていく、というのが大まかなストーリーです。

 例えば、元天才少女は、ピアノ界に自分が戻れるかどうか自信がなかったのですが、少年の演奏をききながら、頭の中で少年が自分に語りかけてくるのを感じ、その対話から、自分がどんなに音で溢れた世界が好きで、楽しくて、音楽をこういうやり方で奏でたいと思っている、ということに気づいたり、音楽から背を向けた自分がいかに傲慢だったかということに気づいたりして、予選を進めるごとに確固たる姿勢で音楽と向き合う覚悟を決めていきます。少年が直接、元天才少女に話しかけたわけではありません。元天才少女が少年の演奏を聴きながら、頭の中で繰り広げたことです。

 物語では、周りの大人たちが一方的に、この元天才少女のように、さまざまな葛藤や見ないようにしていた自身の弱さを少年という鏡に映し出して、怒ったり、泣いたりします。この少年が自分が人に与える影響について全く無頓着で気づいていないために、「一方的に」というのが際立って見えるのがみそだと思うのです。

 このように、相手が意図しているわけではなく、自分が勝手に相手に自分を鏡のように映し出して、相手が自分にそのようにしているかのように感じる、ということは日々私たちが行っていることです。

 例えば、恋愛関係で、相手に自分の理想像を映し出して、その姿を見て相手を好きになる、とか、上司から嫌われていると思っていたけど、実は自分が上司を嫌っていてそれを相手に投影して相手が思っているかのように感じていた、とか。心理学用語で投影性同一視とよばれます。作者が意図したかはわかりませんが、この物語はそこに焦点をあてて話が展開していくように思われて、そこがおもしろいなと感じました。
posted by MSCOスタッフ at 23:50| 本や映像から