2018年06月01日

会社との付き合い方

Company.jpg

 新年度が始まり、新しく社会人になった方もいれば、配置換えで新しい部署についた方もいらっしゃるのではないかと思います。今回は、会社との付き合い方で、気に留めておきたいことをお伝えします。

 会社に所属することで、やりがいのある仕事に出会えたり自分の新たな能力を発揮できたり・・・これは、会社や組織に所属することで得られるメリットです。

 会社には、組織の風土や体質があります。それは、組織外の人が見ると、少し違和感をおぼえる内容もあります。例えば、比較的個人を尊重してくれる組織もあれば、組織に追従することが絶対の組織もあります。ひとたび所属したら、その環境に、無理のない程度に適応していくことも大事ですが、最終的には、自分の身体、心が危険な目にあわないように、組織に依存しすぎることなく会社と付き合っていくことが大切になります。特に新入社員の方、まだ社会人経験の浅い方は、意識しておくとよいのではないかと考えます。

 というのも、カウンセリングでよくご相談にあがる仕事の悩みの中には、「高圧的な上司からこう言われて、せざるをえなかった」とか、「上から言われたこの仕事をしないと、自分のキャリアの道は絶たれてしまうのではないか」などの理由で、自分の身が怪我や病気等の危険にさらされても何か使命感を持って行ってしまう方が少なくないからです。真面目で組織に忠実なのは、働く上では大切なスキルでもあるのですが、度がすぎると危険です。実際にうつ病になってしまう人、大怪我をしてしまう人もいるからです。同じ会社の人たちは、同じ風土にいるので、おかしいことにも気づかず同様に危険な場合があります。

 そのような危険な状態に陥らないために、日頃から、家族、同じ会社ではない友人などと会社や仕事の話をしておくことで、危険なことが早めにわかったり、自分の会社を客観的な視点でみやすくなります。また外部機関のカウンセリングなどを利用して話してみることで、新たな視点に気づいたり、自分がマインドコントロールされている状態になっていないかなどを客観的にみてもらうこともできます。

 自分の所属している組織を、客観的に見ながら、ほどよい距離で付き合っていきましょう。
posted by MSCOスタッフ at 13:55| セルフメンタルケアのコツ