2018年04月20日

クライアントという名称

client.jpg

 カウンセラーとして仕事をしていると、様々な人がカウンセリングを受けにいらっしゃいます。みなさんは、私たちのことは「カウンセラー」だと思っていらっしゃいますが、意外とカウンセリングを受ける側であるご自身がなんと呼ばれるかは知らないのではないでしょうか。でも実はその呼ばれ方にこそカウンセリングの真髄があると思います。

 例えば、風邪をひいて病院へ行けば、診てくれる人は「先生」で、私たちは「患者」ですし、英会話を習いにいけば、教えてくれるのは「先生」で、私たちは「生徒」です。ここには、「先生」が、「患者」や「生徒」に自分の持っている力で治してくれたり、教えてくれたり、という「やってもらう」関係が生じています。

 カウンセリングを受ける人たちはカウンセラーのことを「先生」と呼ぶことが多いと思いますが、では受ける側が「患者」かといえばそうではないし、かといって「生徒」というわけでもありません。カウンセリングを受ける人は「クライアント」とよばれています。

 「クライアント(client)」には、「依頼人」とか「顧客・得意先」という意味があります。例えば、法律事務所で弁護士を雇うと、その依頼人は「クライアント」と呼ばれますし、広告代理店が広告を作るときの広告主は「クライアント」です。また、コンピュータでサーバーの提供する情報・機能を利用するユーザー側のコンピュータのことも「クライアント」と呼ぶようです。

 こうしてみると、「クライアント」という言葉は、ビジネス関係などで相手を「雇う」ときに生じる言葉で、そこには「雇う」側と「雇われる側」に対等の関係があるように思います。そのつながりは「契約」によって生じていて、契約が守られなければ関係を取りやめることができます。

 私は自分が初めてそのことを知った時に"ちょっと目からうろこ"で、且つ、すがすがしいような気持ちになりました。それまでなんとなくカウンセリングを受けるというと、受ける側が困っていて「カウンセラーに助けてもらう」ような感覚があるように感じていました。

 でもそうではないのです。自分が今の自分の力ではこれ以上進めないと思ったときに、「カウンセラーを雇って自分が先に進むためのプラスにする」ということなのです。そこには受ける側に主体性があります。この「主体性」こそがカウンセリングにおいて大事なことで、だからこその「クライアント」という名称なのだと思います。

 みなさんがカウンセリングを受ける際には、是非カウンセラーを主体的に活用して、ご自身の問題の解決を進めてください。
posted by MSCOスタッフ at 15:56| カウンセリングとは