2018年03月24日

架空ケース:「無能感 自分の感情なのか母親の感情なのか区別できない」

toriire.jpg

<架空のケースを元に、実際に起こりがちな悩みとカウンセリングのアプローチを紹介しています
 自分自身の無能感を深く感じていて意欲的になれない、Eさん(30代 会社員 女性)。

 Eさんは理系の大学を卒業し、技術者として仕事をこなしてきました。持ち前の協調性と丁寧な仕事ぶりが買われ職場でも評価されていました。しかし、中堅として責任の重い仕事を任されるようになってきてから不安が強くなり、意欲が持てなくなりました。現場にいる作業員を指導することが出来ず、些細なことでも上司の助言なしには自身で判断を下すことが出来ません。次第に会社に行くことがつらくなり、頭痛や吐き気で会社を休むことも多くなってしまいました。

 Eさんは人並み以上の能力があるにも関わらず、自分は無能であるという感覚がぬぐえません。 カウンセリングでその「無能である」という感覚を掘り下げ、これは一体何なのだろうと考えていきます。

感情と向きう
 Eさんの母親は、いつもわがままなEさんの兄に振り回され疲弊していました。父親は、穏やかで優しいけれども、きちんと息子と向き合い叱ることのできない人でした。Eさんは、「頼りない父親の代わりに自分が母親を助けなくてはならない」と思っていたといいます。Eさんの母親も「ママの気持ちをわかってくれるのはEちゃんだけ」と言って、いつも愚痴をこぼしました。

 Eさんにとって印象的な出来事があります。高校1年生になったばかりのある日、母親が突然家出し1か月ほど帰って来なかったそうです。なによりショックだったのは父親や兄だけでなく、自分にも何の理由も言わなかったことです。その時、今まで母親を助けようと頑張ってきた自分は一体何だったのかと強い無力感に襲われたといいます。

 そこから見えてきたのは、親に対する感情でした。Eさんが「親から愛されたい、大事にされたい」と思ってやってきたはずだったことが、結局「親から利用された」という気持ちしか生まなかったということでした。

 そして、感情を再体験する中で、「どうせ私は無能だ」「誰か助けて欲しい」と呪文のように唱えている自分自身に気づいたのです。それは、「どうせママは母親失格よ」「どうしてパパはママを助けてくれないの」という母親の口癖とそっくりでした。Eさんは、「これは自分の感情なのだろうか。それとも母親の感情なのだろうか」と思ったといいます。

 でもこの感情を、「区別できない」と思っているということは、「これは自分の感情ではなさそうだ」とわかっているということでもあります。

「取り入れ」ること
 私たちは親や兄弟、友だちなど、自分にとって重要な対象を「取り入れ」ます。取り入れるのは、彼らの態度や感情、行動などあらゆることです。思春期の子どもが、アイドルの髪型や話し方をまねする「同一化」という行動がありますが、これは自覚的に行わるものでやめることは簡単にできます。しかし、無意識に無条件に行われてしまう「取り入れ」は、なかなかやっかいなものです。

 親は通常、本人の意志とは関係なく、生まれた瞬間から最も身近で重要な対象です。私たちは、「母親や父親のようになりたい」と思う以前に、無意識に親を「取り入れ」ます。子どもは「親が育てたい様に育つ」のではなく「親の様に育つ」のです。

 なかでもやっかいなのは感情の「取り入れ」です。子どもが親の感情を自分の物のように思い込んでしまうことは良くあります。また、親の願望を無意識に取り入れ、それを実現しなくてはならないと思うこともあります。

 親が自分自身を無力な存在と感じており、いつも誰かに助けを求めている場合、子どもは自身を無力な存在であると感じると同時に、親から愛されるために親を助けなくてはならないとも思うものです。

 それは、どちらも親から捨てられないため、自分が生き残るために必要なことです。身体が食物を求めるように自然発生的に行われるのです。ただ、生き残るため、自分自身を守るために行われていたことが、成長するにつれその人自身の苦しみのもとになってしまう場合もあります。

感情の分離
 自身の感情とよく向き合ってみると、Eさんの中には母親から守られた、世話をしてもらったという実感がないことに気づきました。母親が世話をしていたのはわがままな兄の方であり、Eさんは母親から愛されようと従順で手のかからない子どもであろうとしたために母親にとっては世話をする必要のない子どもになってしまっていたのです。

 Eさんの抱える無力感、無能感は、母親を助けられなかった自身の体験も関係していました。そうやって思い返してみてはじめて、Eさんは親に頼らずいつでもひとりで頑張ってきた自分自身に気づいたのです。

 そうして初めて「いつでもひとりで頑張って来た自分が無能であるはずがない」とEさんは強く実感するようになりました。その後もEさんは責任の重い仕事を前にすると、「私にできるだろうか」と不安になることはありますが、不安感はEさん自身の真面目さと完璧主義的な性格から来るものであり、それと母親から取り入れた無能感は別のものだということがわかるようになりました。

 自身の完璧主義とどう付き合うかというところはこれからの課題ではありますが、無能感にとらわれて仕事に意欲の持てない状態からは脱することができました。

 私たちは誰でも、親を取り入れて「偽りの自己」を作り上げるものです。また、「自分がない」「自分は空っぽだ」と感じている方もいることでしょう。でも、本当はそんなことはありません。カウンセリングでは「取り入れた親」と「自分自身」の感情の区別をつけ整理するなかで「本当の自分自身」に気づいていくことができるのです。
posted by MSCOスタッフ at 22:01| 架空ケース