2017年08月30日

整骨とカウンセリング

seikotsu.jpg

 先日、左の股関節が痛くなり、お尻や膝まで痺れてきたので整骨院に行きました。初回、まず、どこがどんな感じに何をすると痛いか、ということを伝えると、何かきっかけがあったのかときかれました。特に思い当たらないけど、前からよく違和感はあったと言うと、いろんな動きをさせられて、これは痛いか、どこから痛むかなどときかれました。
 それに答えていくと、最終的に先生から、骨盤がゆがんでいるので右足と左足の長さが違う。長い右足に左足を合わせるから左足の外側の筋肉が緊張し、そうすると逆に内側の股関節は縮こまるという状態が続いている。そのせいで左の股関節が痛くなっているのだろう、という見立てを伝えられました。
 お尻やひざがしびれているのは、股関節が痛いのをかばうと、周りの筋肉を代わりに使うようになり、そこを無理に使いすぎて硬くなっているからだろうと言われました。さらにその太ももから膝にかけての筋肉がつながっているお腹の内側にある腸腰筋も緊張していると言われました。
 治療ではまず凝っている筋肉をほぐされ、緊張しているところを緩められ、自宅でできるストレッチを教わり、また1週間後に来てください、と言われて終わりました。

 終わってから、これはカウンセリングに似ているなと思いました。違いは身体のことを扱うのか、心のことを扱うのかです。
 どちらも困った状態に対して、いつからそれは起きていて、何かきっかけがあるかきかれます。そして、なぜそうなっているのか、何が起きているのか見立てながらそれに応じた質問をしていきます。
 どちらも患者(来談者)が訴える現象は一つでもいろいろな部分がつながって影響しているからです。それから、起きていることの理解を伝え、固まって本来の動きをしていないところを緩めていくと、本来の自分の動きを取り戻していきます。
 どちらも行くと少し元気になります。でも一度では変わりません。そして一番大事なのは、どちらも他の人が代わってやってあげられないということです。自分の身体、自分の心には自分自身で目を向けて、気づいて、取り組んでいかないとよくならない、変わらない、ということです。
 私は、毎週整骨院に通い、ストレッチを続け、日常生活でも荷物を持つ手を変え、気づいたら左股関節の違和感はなくなっていました。そんな風にカウンセリングも自分の心に向きあって取り組んで行くことで、変化していくのです
posted by MSCOスタッフ at 23:01| 心理エッセイ