2016年11月28日

コミュニケーションは難しい!

communication.jpg

 私はいくつかの企業でカウンセラーとして勤務しています。研修やグループ懇談で、よくでる質問の一つが、上司、部下、同僚とどうコミュニケーションをとればいいかわからないということです。特に最近では、上司が部下に対して、また異性の相手に対してどのような発言がハラスメントになるのかという質問が多くあります。
 その際、伝え方や聴き方のコツをお伝えしますが、その前提として皆さんと共有したいこととしてお話しするのが、「コミュニケーションは難しい」ということです。

 コミュニケーションは「送り手と受け手と言語的・非言語的なメッセージを用いて、やり取りとして共有すること」で、送り手と受け手から成り立ちますが、送り手の発言は送り手が持っている価値観や経験から発せられ、また送り手のその時の声の調子や抑揚など態度やしぐさも加わって、受け手に伝わります。
 一方受け手は、受け手が持つ過去の体験や価値観、今おかれている状況によって、受け取り方が変わります。正確に相手に伝えること。相手の発言を理解するということは、基本的には難しく、『コミュニケーション』とはそこで生じるズレや誤解を調整することと言われています。 (参照:「自己カウンセリングとアサーションのすすめ」金子書房2000)

 こんな例がありました。Aさんは普段とても真面目にきちんと業務をこなすタイプの人です。上司はAさんにある業務を依頼しましたが、他の業務も重なって忙しい状況を気遣い「君に負担をかけているね」と伝えました。
 この時Aさんは「また自分ばかりに責任をおしつけられている」というマイナスな思考が浮かびました。過去に別の上司に多くの業務を依頼され負担が大きいのにもかかわらず「大変だ」という状況を伝えられなかった体験がありました。その苦しい過去の経験が反射的によみがえってしまったのです。
 しかし、少し冷静になりAさんは現在の上司の人柄や状況をあわせて考え、今回は“仕事の押しつけ”ではなく、“気遣いつつ依頼してくれた”と思考を変えることができ、その仕事に前向きに取り組むことができました。

 「やりとり時の背景やそれぞれ価値観が違うなんて当たり前!」そのように理解していたとしても、自分に負担がかかっている時などは、目の前にいる相手とは違う他者や、自分の価値観が重なって、メッセージを異なって受けてしまうことが起こります。本来ズレを調整してお互いを理解していくには、やり取りの繰り返しが必要ですが、現代は各々が多忙で、メールやSNS上のやりとりが中心となり、相手を理解しきれないまま負担を抱えていることが多いように感じます。
 そういう今だからこそ、コミュニケーションは基本難しいということ、やりとりの繰り返しが必要であること。それを共有することは、相手と自分の関係をより冷静かつ客観的に捉えられることに繋がるということを深く理解してもらう為に、私も繰り返しお話をしています。
posted by MSCOスタッフ at 22:09| 心理エッセイ