2015年09月03日

自分用ストレスチェックリストを作ってみよう

sc001.jpg

 今年(平成27年)の12月から「ストレスチェック制度」が導入されることになりました。社員50人以上の会社では、その実施が義務づけられることになります。メンタルヘルス不調を訴える労働者が増加している現況を鑑み、管理者が各職員のストレス状況を把握することによって精神疾患を未然に防止しようというのがその狙いだそうです。
 ストレスチェック制度の詳細については、厚生労働省が作成したポータルサイト(「こころの耳〜働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト」)の中で見ることができ、サイト内にはストレスの度合いを自己診断するためのセルフチェックリストも付いています。私も試しにやってみたところ、仕事の質的なストレスの度合いが高いという診断結果でした。それは仕事柄、確かにそうだと思いました。
 しかし診断というのは、あくまで一般的な基準の中での自分の位置を確認するためのものですから、これだけでは個人のストレスの詳細まで理解、自覚することはできません。オフィスに来られる方々も「仕事がストレスで」とか「ストレス解消が難しい」ということはおっしゃるのですが、「仕事のどういうところにストレスを感じますか」とたずねてみると、案外わからなかったりするものです。

 自分がなんとなくストレスを感じていることはわかっても、どんな状況のどこにそれを感じているかということは意外と自覚しにくいものです。また、仕事の納期が迫っているときなど、実はかなり強いストレス状況下にあるにもかかわらず、「やるしかない!」と気持ちだけが前のめりになって心身の不調に気づかないこともよくあります。そのような状態を長く続けてしまうと、仕事の山場は乗り切ったはずなのに、何故か夜眠れない、食欲がない、気分が落ち込むなど、気がつけばうつ症状が出始めていた、ということにもなりかねません。そこで、「自分専用ストレスチェックリスト」を作ってみるというのはいかがでしょうか。

 皆さんは、自分がどんなことにストレスを感じやすく、またストレスが高まると心身にどのような変調が起きやすいか、ということがわかっていますか。
「段取り通りにものごとが進まない」「他者の言動・態度に過敏で少しでも相手の様子がいつもと違う」など人それぞれに強くストレスを感じる場面は違います。まずは、自分がストレスを感じやすい場面(ストレス因)のリストを作ります。次にストレスが高まったときの心身の変調(ストレス反応)を書き出します。
 頭痛や下痢などの体調不良などは自覚しやすいですし、身近な誰かのちょっとした言葉に傷つきやすくなるなど、心理的な変調も目印になります。そのリストを見ながら、自分自身の状態を確認することを習慣にすれば、どんな状況下でどのような不調に陥りやすいのかという自身のパターンにも気づきやすくなるでしょう。

 【Aさん(35歳/男性/会社員)】が、自分用ストレスチェックリストを作ることにしたと仮定してみましょう。
 秩序を重んじる几帳面な性格のAさん。職場内では、整理整頓の苦手な同僚の乱雑な机上をながめては、苛立つ毎日。また、コーヒーを入れるために給湯室に行くたびに、溜息をつきながらシンクの水滴を台ふきんで丁寧にふきとるのも日課です。台ふきんが汚れているときには、台ふきんを洗剤で洗うところからはじめることも。それ以外にも、通勤途上や買い物の最中など、ルールとマナーに厳しいAさんにとっては見過ごせない場面が山のようにあり、それらをやり過ごすことの出来ないAさんは、毎日へとへとです。
 Aさんは、自身のストレスチェックリストを作るにあたり、まず、ストレス因として「B氏の机上の書類の山」「給湯室のシンクの汚れ」などをあげました。そして、ストレス反応としては「苛立ち」や「怒り」「不安」など。これがストレス因だとわかっていることについてはすぐに特定できますが、「何かイライラするが原因がわからない」あるいは「何かありそうだが何かわからない」という場合には、もやっとした感じや嫌な感じなどをとりあえず書き出してみます。もしそのときに自分の中でつぶやいた言葉があればそれを書きとめておくのもよいかもしれません。
 
sc-hyou1.gif

 この自分用チェックリストを活用すれば、「こういった要因があるので今はストレスがある状態だ。」「ストレスが重なっているので休息や発散できる楽しみに耽る事が必要だ。」ということが客観的に意識できるようになります。
 そして、ストレスに具体的にどう対処するか(ストレスコーピング)については、次回あらためてお話をさせていただきたいと思います。

次回 自分用ストレスチェックリストとストレスコーピング
posted by MSCOスタッフ at 14:07| セルフメンタルケアのコツ