2015年03月12日

「子どもの育ち」セミナー 〜発達障害児との接し方〜

sodachi.jpg

 子どもたちと、造形とドラマのワークショップ活動を行っている「所沢クリドラタウン」で「子どもの育ち」をテーマにお話をさせてもらう機会がありました。
様々な個性の子ども達と接する中で、その心理的特性を知る必要を感じているスタッフや保護者の方たちと意見や感想を述べ合いながらの、充実した2時間となりました。
 
sodachi-line.jpg

 発達に偏りがある、あるいは発達障害がある子どもの育ちを支えるには、まずその子のことを理解することが欠かせません。ここで大切なのは「障害について理解する」というよりは、「その子自身の困り感を理解する」ということです。

 自閉症スペクトラム傾向のある子どもたちは、もともと持っている感覚の過敏さや、変化に柔軟に適応することへの苦手さから、実は不安におびえる体験を日々積み重ねています。しかし、それをうまく伝えることができず「問題」とみなされる行動でそれを表現しています。

 注意欠陥多動性障害(ADHD)の傾向を持つ子どもたちは、「落ち着きがない」「後先考えない」行動特性のために、小さい頃からしかられたり注意される機会が多く、その結果として自信を失いやすくなっています。

学習障害(LD)をもつ子どもたちは、「まじめに勉強に取り組んでいない」と誤解され叱責を受けることが多く、学習への苦手意識を強く持っています。

 発達に偏りがあるということは、得意なことと苦手なことの差がとても大きいということでもあります。この差が大きいと、その子自身の良さが発揮されにくく、苦手さや問題行動が目立ち、そこばかり注目されてしまいます。しかし、「問題である」と言われる言動の背景には、必ずその子の困り感が隠れていると思うのです。
 
sodachi-line.jpg

 わからなかったことや、突然の変更や過度な感覚刺激など、本人の中の恒常性を乱されるような強い刺激があったとき、子どもたちはとても強い不安や恐怖、脅威を感じます。パニックになるのはそのためです。「いつもと同じであること」「慣れているパターン」は安心感をもたらすため、1つのことに強くこだわりを持つことがあります。
 「実はこの子は困っているんだ」という目で見ることで、その子の困り感が見えてきます。その困り感をどう解消するか、対処できるか、ということを考えていくことで、パニックになることを少しでも減らすことができます。

 特性の否定的な部分だけではなく、肯定的な部分にも着目することが大事だと思います。「落ち着きがない」というのはたいてい否定的なニュアンスを含みますが、「フットワークが軽い」というと、肯定的なとらえ方になります。

 「興味の幅が限定されている」というと否定的ですが、「みんなが知らないことを知っているものしり博士」ととらえることで、みんなから尊敬されることもあるのです。
 
sodachi-line.jpg

 発達に偏りがある子どもたちは、適切なやり方を知らないために不適切なパターンを繰り返しているのです。「ダメでしょ!」と叱るよりも、「こうするんだよ」と適切なやり方を教えてあげるほうが効果的です。

 そういった子どもたちの多くは、いわゆる“暗黙の了解”と言われているものを理解することがとても苦手です。「言わなくてもわかる」「見ればわかる」が通用しないことが多いのです。言葉でわかりやすく伝えたり、具体的に見本をみせてあげたりすることで、わかりやすくなります。

 この「わかりやすいこと」「感覚を過度に刺激するものがない状態」が、安全感や安心感をもたらします。充分な安心感を持つことができると、遊びの中で「楽しい」と感じることができたり、学びの中で「自分でできた」という達成感を持つことができるようになります。こうした体験が自信や自尊心につながります。
 
sodachi-zu.jpg

 図のように充分な安全・安心が得られた上に自信・自尊心が培われます。そのような安定した状態で初めて、さまざまなスキルや知識を習得していくことができると思います。
 
sodachi-line.jpg

講演後に「発達に偏りがある子に限らず、全ての子に対しとるべき関わり方だと思いました」という感想をいただきました。特別な子に対しての特別な対応ではなく、誰にでも当てはまる基本的なアプローチだというという思いを新たにしました。
posted by MSCOスタッフ at 23:39| オフィス外での活動