2017年10月31日

日々の生活に「気づいて過ごす」(マインドフルネスストレス低減法体験記)

mindfulness.jpg

 「マインドフルネスストレス低減法」(Mindfulness-based stress reduction: MBSR)の8週間プログラムに参加しました。
 MBSRは米国の生物学者で心理学者のジョン・カバットジンが1970年代に慢性疼痛の緩和のために開発した技法で、最近流行のマインドフルネス技法の元祖と言えるものです。マインドフルネスでは仏教の「念」を中心ととらえ、自分の自動的な行為や思考に気づきながら、今ここの状態に「ある」ことを大切にしています。うつ病の再発予防や不安・身体症状の軽減、日常生活の改善を意図しています。

 今回のプログラムは米国で資格を取ったファシリテーター2名の指導の下、8週間にわたりマインドフルネスの実践を毎日続けるというものです。30名ほどの参加者には臨床心理士や学校教員、医師、看護師など対人支援職だけでなく、疾患から回復途上にある当事者や家族、あるいは一般の会社員や主婦、学生などさまざまでした。
 全員が週1回3時間ほどのグループセッションを受けながら、45分程度の瞑想やヨガなどのマインドフルネス課題を日々の生活で継続するというものです。将来的にMBSRの指導者になるには、基礎要件のひとつとして同プログラムへの参加が義務とされています。


 8週間の前半では主として呼吸と身体の感覚に意識を向けるボディ・スキャン瞑想と、短い(10分〜20分程度)の瞑想の実践が課されます。私自身、瞑想やヨガの実践経験は多少ありましたが、連日の瞑想はなかなか容易ではありません。それでも連日(半ば大変でも)やっていると、徐々に自分の感覚への意識や気づきが増していくのがわかります。体調も大変よくなり、気分や感情の変化、果ては睡眠まで改善していきました。

 プログラムの後半になるとハタヨガの実践に加え、例えば手洗い、洗濯、入浴、歯磨き、あるいはいろいろな瞬間で、さまざまな側面に気づきながら、意識して毎日の日常生活を送るように心がけていきます。プログラム終了後もあらゆる面でマインドフルな生活を実践できるようにするためです。

 こうした瞑想実践では、どんなことが起こったかということは重要ではなく、むしろありのままを受け止め、それで大丈夫であることに気づくことに重きが置かれます。よく瞑想をしていると、時にあれこれと考えが生じたり、「明日の仕事はなんだっけ?」などと関係ない考えが出てきたり、などするものです。マインドフルネスではこうしたものが出てきたら、「おお、出てきたな」と思考に気づくことはしますが、出て来た思考の「相手」はしないで、そのまま実践を続けます。これこそがマインドフルなあり方であり、身につけるためには日々の実践を続けることが大切になります。
 でもMBSRは禅などの修行と違い、自分を追い込むものではありません。こうした実践ができない場合にはできないことを責めずに、むしろ「できない」という気持ちに自ら優しく接するように向き合うことが大切になります(これを「自らへの慈しみ(セルフ・コンパッション)」と呼びます)。

 やっていて面白いことに気づきました。それは仕事をしているときだけでなく、休日や旅行など一見すると楽しく過ごせていると思えるときこそ、瞑想やヨガなどの実践が大切だということです。自分で感じたり、考えたり、わかっていたりする(つもりの)ことって、実はすべてではないのですね。メンバーとともに迎えた8週間のフィナーレは本当に感動的でした。カバットジンは「マインドフルネスとは(他との)関係性である」と述べたそうですが、それを実感できる体験でした。


 もちろんマインドフルネスには限界もあります。例えば、現在うつ病の治療中という人は主治医にプログラム参加について事前に相談された方がいいでしょう。
 どのくらいの効果があるかは現在世界中で実証研究が続けられています。もし可能ならば新たな治療と生活の選択肢としてマインドフルネス実践を取り入れることも検討できるかもしれません。MBSRはいくつかの民間団体の主催で首都圏近郊でも開催されています。よろしければチェックしてみて下さい。
posted by MSCOスタッフ at 16:28| マインドフルネス

2017年10月08日

「発達の2つの目標」と「適応するための力を支える感覚統合」

onigokko.jpg

 子どもたちとドラマと造形のワークショップを行っている「所沢クリドラタウン」で、保護者の皆さんと「子どもたちの育ち」についてお話しするのも今年で4回目になりました。前回の「感覚統合」についてのお話も踏まえての内容です。

@発達の2つの目標「自己形成」と「社会化」
 発達には2つの目標があるといわれています。1つは「自己形成」。自分を形作るということです。2つ目は「社会化」。形作った自分を、社会の中で適応させるということです。

 自分を強く出しすぎると「ワガママ」「ジコチュウ」などと言われ、周囲に受け入れられなくなってしまいます。しかし、周りに合わせすぎて何もかも相手に従っていては、自分がなくなってしまいます。自分の本当の気持ちや欲求がわからなくなり、自信が持てず、周りとうまくかかわれなくなってしまうのです。ですから、自己形成と社会化の発達はセットで、バランスよく育っていく必要があります。

 自己形成と社会化が獲得されていくのは、子ども集団の中です。特に「遊び」は大きな役割を果たしています。遊びにはまず「身体機能」を高める働きがあります。遊具遊びやアスレチックのように、つかむ、ぶら下がる、またぐ、くぐるといった動き。おにごっこやかくれんぼ、ドロケイのように、走る、跳ぶ、くぐる、よけるといった動き。多様な動きをともなった活動により、神経や筋肉の機能が発達し、タイミングよく動いたり、力の加減をコントロールするなどの調整能力が育まれます。思いきりのびのびと体を動かすことを通して得られる成功体験や有能感は、自己形成に大きな影響を与えます。

 また、遊びにはルールのあるものが多く、社会性を身に着ける機会を与えてくれます。ルールを守ることでセルフコントロールの仕方を学びます。ルールを友だちと共有するためのコミュニケーションスキルも伸びていくのです。

A適応の力を支える「感覚の統合」
 こうした発達の適応に必要な力の育ちには、「感覚の統合」が重要なポイントになっています。
 学習能力や運動能力など、目に見えるスキルについ着目してしまうのですが、実は、そうした能力の発達は「筋力の発達」や「眼球運動のコントロール」がもとになっています。さらには、「視覚認知」「平衡感覚」「固有覚」「触覚」「聴覚」といった感覚の統合が支えています。

 感覚は目に見えないので、統合の度合いはわかりにくいのです。詳細で正確な判断は、もちろんしかるべき専門機関で専門家の意見を仰がなければなりません。しかし、だからといって日常の中で私たちが何もできないということでもありません。
 発達の2つの目標のところでも述べた「遊び」には、感覚を刺激する要素がたくさんつまっています。触覚を刺激する遊びには、フィンガーペインティングや粘土遊びなどがあります。トランポリンは平衡感覚を使います。
 また、生活の中のちょっとした「お手伝い」は、感覚統合にとってもとても大切な営みです。雑巾がけ、お皿運び、洗濯物たたみなど、手と目の協応を養います。


 今の時代、当たり前に育っていたはずのものが、育ちにくくなってきています。スキルや知識重視になり、学習やトレーニングに躍起になってしまいやすいのですが、遊びやお手伝いなどにも目を向けてみるがよいともいます。仲間とかかわったり、体を使うことなどの「日常の当たり前の営み」が、子どもたちの育ちを支えているのです
タグ:遊び
posted by MSCOスタッフ at 14:48| オフィス外での活動